Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

一寸先は靄

文系学部から理系大学院に進学し四苦八苦するだけの日記。

抄訳:How to Get a Ph.D. in Mathematics in a Timely Fashion (2)

http://www.math.washington.edu/~billey/advice/timely.fashion.pdf

前回の続きから。

 

0.1 いつ指導教官を探し始めるべきか

まだいないのならば今すぐです、早すぎることはありません。

まず大学院におけるプロセスを見ていきましょう。大学院卒業の前にあなたは何をすべきでしょうか。PhD candidateは

(1)言語試験に合格しなければなりません(もしあれば)。

(2)四人の教員の前で、一般的な関連知識、詳細な論文のトピック、及び幾つかの小さい結果について一時間プレゼンテーションを行わなければなりません。

(3)次に四人の教員の前で、その分野での既存の定理と、新しい定理を示し、ディフェンスを行わなければなりません。

(4)4つほどの推薦状で、研究や教育に関わる仕事を得なければなりません。

これらは合わせて10時間にも満たないものですが、そのために多大な労力を要します。研究への移行に難しさを感じる理由の一つとして、これらの要請は日々何をすべきかについて何も教えてくれないことが挙げられます。

では、時間を逆算して考えてみましょう。卒業の一年前にあなたは就職活動を始めるべきでしょう。就職活動の前にあなたは最低でも一つは良い定理の証明を終えているべきです。普通は最初に取り掛かった問題で卒業できるのは稀で、複数の問題に挑戦することが求められるので、これには一年半ほどの辛抱強い努力が求められるでしょう。何か具体的な問題に取り掛かる前に、大抵は1年ほどの準備期間が必要になります。論文を読む、関連したトピックの講義を履修するなどです。そしてこれらの前に、指針を決めるための指導教官を選ぶ必要があるのです。

したがって逆算すると、特定の問題に取り掛かり始めるのは卒業から2年半前、指導教官を選ぶのは卒業から3年半前が目安になります。

 

今回もほとんど直訳になってしまったけども、頭使わなくていいのでよしとする。

次は"0.2 How do you choose an advisor?"を抄訳する。